印鑑の人気通販ランキング

はんこプレミアム
即日発送、専門印鑑通販。 品質と価格のバランスを考えて購入するならココ。安いのに品質が良い理由は、印材卸売業者から印鑑通販に参入しているからとの事。材料が安く手に入るならこの価格帯も納得できます。個人実印を毎日10本70%OFFで限定提供などの客寄せキャンペーンに自分からノッて見るのもアリだと思います。
ハンコマン
印鑑通販サイト【ハンコマン】 急ぎで印鑑を購入するなら迷わずココ。平日17時までの注文ならなんと即日発送してくれます!さらに航空便を使えば北海道から沖縄まで全国翌日着です。象牙で出来た高級印鑑から女性向けのスワロフスキーデコ印鑑、有名アーティストとのコラボ印鑑、くまもんなどゆるキャラとのコラボ印鑑まであり非常にバラエティに富んでいます。10年保障付きで保証も安心。
ハンコヤストアドットコム
最近流行りのチタン製印鑑を購入するならココ。地元のはんこ屋さんとチタンの値段を見比べて価格に差があるなら迷わずポチッとしちゃいましょう!!会社設立用の印鑑セットが60%OFFで買えるのも特徴。ここまでして10年保障翌日出荷。
ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム 印相などにこだわってネット通販の実績はナンバーワンだと言われている印鑑屋さんで公式サイトでは年間24万件の出荷実績があると発表しており実績も申し分ありません。最短で即日出荷もあり10年保証もついているので保証も安心です。イメージとしてはシャチハタやゴム印の印象がやや強いか。

通販で印鑑制作をする際に必ず知っておくべきセキュリティー問題

 

機械で掘った印鑑は複製できてしまうことを知っておこう

 

激安とか言っておいて大変心苦しいのですが、通販で印鑑を作る前に、どうしても知っておいてほしいことが1つあります。

 

それが印鑑のセキュリティーについてです。

 

 

最近では機械で印鑑制作をするところもあり、街のはんこ屋さんでも、機械で印鑑制作をしているところが多くなってきています。

 

 

その理由は、コスト削減や早く作れるなど様々な理由があるのですが、購入者にとってみれば安価にしかも早く購入できることは悪いことではありません。

 

 

それでも、手彫りで印鑑制作をするという事の需要がなくなったわけではありません。

 

むしろ、セキュリティー的には、手彫りで掘られた印鑑を使用した方が良いとされています。

 

 

何故、機械での印鑑制作よりも手彫りでの印鑑制作の方がセキュリティー的に良いとされるのかと言えば、機械では文字通り「判で押したように」同じものが出来るために、印鑑の複製が簡単に出来てしまうからです。

 

 

かなり前の話ですが、銀行の通帳だけを盗んで、その通帳に押された届け印をコピーして印鑑を作って預金を下ろすという手口での窃盗事件が、実際に起こっているそうです。

 

手彫りで印鑑制作をした場合は、一見すると同じ印鑑に見えても、一つとして全く同じものはありません。

 

そのため、セキュリティーを重視するためにも、手彫りで制作された印鑑を使用した方がよいと言われるのです。

 

少しでも安く購入するためには、機械で掘られた印鑑を選ぶことになると思うのですが、実印や銀行印など大切な印鑑だけは手彫りにこだわってみるのも検討してみてください。

 

 

ちなみに私は安さを選びましたが・・・

 

注文時に戸惑わないよう、印鑑制作の工程を知っておこう

まずは印鑑の字体を決める

 

最初にする事は、印鑑の字体を決める事です。

 

開運印鑑は、印相体(「吉相体(きっそうたい)」とも「八方篆書体(はっぽうてんしょたい)」とも)呼ばれる、幸運を招くとされる字体で制作される事が多いとの事です。

 

 

それを決めると、次に、作った書体に沿って、印鑑の荒彫りをします。

 

荒彫りが出来ると、本格的に手で掘って行きます。

 

印鑑を手彫りで掘ってゆく職人さんは、一刀一刀、細部まで丁寧に心を込めて掘ってゆくと言います。

 

こうして出来た印鑑は、実際に押してみると、すっきりしていて、押しやすいのだと言います。

 

開運印鑑制作では、まず姓名判断をして、その人の運気の弱いところを補うように(例えば、家庭運の悪い人ならば家庭運が良くなるように)、印影を作っているところが多いようです。

 

職人さんにお任せでもいいのですが、せっかくですので、印鑑制作の注文時には、どの運気を上げたいのかをしっかりと伝えて作ることをオススメします。

 

 

また、印鑑も大事ですが、印鑑を入れるケースも大切にした方が良いとも言われていますが、そこまでこだわったてしまうとお金がかかってしまいますので、個人的には印鑑だけこだわればいいと思っています。

印鑑を作成するにあたっての注意

 

印鑑を作成する時にあたって、3点注意する事があります

 

その1・・・お店選び

 

第一の注意点は、印鑑を作成してもらうお店選びについてです。

 

一昔前ならはんこ屋さんで印鑑を作成してもらう事が多かったのですが、最近では通販でも印鑑を作成してもらう事が可能になりました。

 

通販と言えば安くて質の悪いものというイメージがあるので、数年前までは、まさか実印を通信販売で購入する時代が来るとは思っていなったことは多いでしょう。

 

 

ですが、通販でも、店舗に足を運んで購入する場合でも、印鑑の品質が変わることはあまり考えられません。

 

通信販売をしているはんこ屋さんも、実店舗を持っているところが多いからですね。

 

 

通販である以上は、輸送中の事故や、運送屋さんが雑に扱うなどの問題は付いて回りますが、印鑑がそんなことで壊れてしまうようなものだとしたら、それはそれで問題です。

 

 

価格のバランスを考えながら、何かの費用を削って材質をワンランクアップしたり、会社のゴム印なのでとにかく安いものを選ぶなど、自分でしっかりと考えて注文することが大切です。

 

 

とはいえ、粗悪な商品を送ってくる店がないとは言い切れません。

 

通販では、相手も店舗も見えませんし、電話の応対が良かったからといってその店がいい店とは限りませんので、しっかりとホームぺージを確認し、保障期間などのアフターサービスを調べてみましょう。

 

電話をしたほうがいいんじゃないか?と言う意見もあったのですが、実は電話での約束は法的に証拠になりにくい傾向にあります。

 

録音すればいいのですが、まさかそんな面倒なことをしませんよね。

 

 

実店舗に足を運ぶ場合も、通販の場合も、お店選びは慎重に行いたいところです。

 

 

詐欺に会ったなどネガティブな情報は、満足した場合よりもネットで拡散しやすいので、インターネットで口コミなどを探して見るのも、1つの手段ですね。

 

 

その2・・・印鑑の材質選び

 

印鑑を作成する時の第二の注意点は、印鑑の材質です。

 

 

印鑑の材質は印鑑の耐久性に直結するので、注意する必要があるといいわれています。

 

せっかく印鑑を作成しても、すぐに使えなくなるものでは困っちゃうからですね。

 

最近では10年保障など、保障をしてくれる店舗も多くなってきましたので、材質に関してはあまり気にしなくてもよくなりましたが、それでもその材質によって何が違うのか、どのぐらい金額が違うのかなどある程度下調べしてから注文することをオススメします。

 

 

 

その3・・・書体について

 

 

印鑑を作成する時の第三の注意点は、書体です。

 

私はこれは注意点とまでは考えていないのですが、銀行印・認め印・実印など、印鑑の種類によって、書体を変えた方が良い場合があるとのことで、少し調べて見ると、前述したセキュリティーの問題のようです。

 

 

印鑑の文字が読みやすいものが良いか、あるいは、読みにくくても偽造されにくいものが良いか、などを考えて印鑑を作成した方が良いと言うのですが、これは手彫りにすれば解消されるでしょう。

 

何のために印鑑を作成するのかを考えれば、その意見もうなずけますが、書体によって不正を防御できるかどうかは不明です。

 

 

ただし、印鑑の書体は印鑑の出来を最も左右する要素だという事を考えれば、印鑑を作成する上で最も重視する点では、この書体についてはしっかりと考える必要があるとは思っています。

 

 

全てのはんこ屋さんが同じではありませんが、印鑑制作をする際には、印相や八方位を考える職人さんがほとんどです。

 

そうする事によって、印鑑の持ち主の運気が上がると言われているためだからなのですが、運気に関しては職人さんにまかせ、書体は自分の好き嫌いで決めればいいと思っています。

 

 

 

電子印鑑と言うものもある

 

最近では、本物の印鑑ではなくて電子印鑑を作成する事もあります。

 

サインではなく印鑑社会である日本でもこんな時代が来ているのですね。

 

 

電子印鑑を作成する事によって、PC上での押印が可能になっちゃう訳ですね。

 

 

つまり、PCで作成した文章などを、わざわざ紙に印刷して印鑑を押すという作業を省略する事が出来ますので、作業の効率化などをはかる事が出来るので、見積書などを制作する際には効率がいいでしょう。

 

 

電子印鑑を作成するためのフリーのソフトも色々と出ていますので、それを利用して電子印鑑を作成するという方法もあるので、会社印のセットを購入する際には検討してみてもいいかもしれません。。

 

 

ただ、私の個人的な意見としては、印鑑は朱肉をつけて押すことに意味があるので、電子印鑑はちょっと・・・重要な書類でなければいいかもしれませんが・・・

 

いくら電子上で使用する印鑑と言っても、印鑑を押す事に違いはありませんので、その状況にそぐわない書体の印鑑を使用すると、それを見た相手に違和感を持たれる可能性は皆無ではありません。