印鑑の人気通販ランキング

はんこプレミアム
即日発送、専門印鑑通販。 品質と価格のバランスを考えて購入するならココ。安いのに品質が良い理由は、印材卸売業者から印鑑通販に参入しているからとの事。材料が安く手に入るならこの価格帯も納得できます。個人実印を毎日10本70%OFFで限定提供などの客寄せキャンペーンに自分からノッて見るのもアリだと思います。
ハンコマン
印鑑通販サイト【ハンコマン】 急ぎで印鑑を購入するなら迷わずココ。平日17時までの注文ならなんと即日発送してくれます!さらに航空便を使えば北海道から沖縄まで全国翌日着です。象牙で出来た高級印鑑から女性向けのスワロフスキーデコ印鑑、有名アーティストとのコラボ印鑑、くまもんなどゆるキャラとのコラボ印鑑まであり非常にバラエティに富んでいます。10年保障付きで保証も安心。
ハンコヤストアドットコム
最近流行りのチタン製印鑑を購入するならココ。地元のはんこ屋さんとチタンの値段を見比べて価格に差があるなら迷わずポチッとしちゃいましょう!!会社設立用の印鑑セットが60%OFFで買えるのも特徴。ここまでして10年保障翌日出荷。
ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコム 印相などにこだわってネット通販の実績はナンバーワンだと言われている印鑑屋さんで公式サイトでは年間24万件の出荷実績があると発表しており実績も申し分ありません。最短で即日出荷もあり10年保証もついているので保証も安心です。イメージとしてはシャチハタやゴム印の印象がやや強いか。

印鑑激安について

一昔前には印鑑と言えば高価なものというイメージがありましたが、最近では印鑑の激安店も増えて来て、珍しい名字でなければ、激安の印鑑はすぐに手に入る状態にあります。

 

印鑑激安をうたったところだから品質が悪いという事はありません。

 

激安で品質の良い印鑑を販売しているところもあります。

 

そうは言うものの、中には使用する分には支障のない程度の穴や傷のある、いわゆる「訳あり」な印鑑を激安で提供しているところもあります。

 

これも、ある意味で「品質が悪い」と言えなくもないですが、使用するには問題はありませんので、多少見た目が悪くても良いと言う人にはおすすめです。

印鑑は激安が良いとは言い難い

印鑑の中でも、シャチハタは激安なものを購入した方が良いという意見もあります。

 

その理由として、シャチハタは実印としては使用出来ないため、高いお金を出して良いものを購入するよりも、激安でとりあえず印鑑として使えるものが良いと言うのです。

 

つまり、シャチハタについては、値段よりも何度も繰り返しスタンプ出来る耐久性があれば良いという意見です。

 

私たちの生活の中でシャチハタがあった方が良いと感じる時と言えば、荷物が来た時に配達業の人に印鑑を押す時などに、いちいち印鑑を朱肉につけて押すのが面倒な時かと思われますので、その意見もうなずけます。

 

逆に言えば、シャチハタ以外の実印や銀行印、そして認め印は、激安印鑑よりも品質の良い印鑑を作った方が良いという事になります。

 

出来る事ならば、激安で印鑑を作りたいという気持ちはわかります。

 

しかしながら、セキュリティーの問題を考慮すれば、激安で文字通り「判を押したように」同じ印章の印鑑よりも、偽造しにくい、品質の良い印鑑のようが、あとあとトラブルを起こさずに済むという利点があります。

 

それを踏まえると、印鑑については、必ずしも激安のものの方が良いとは言い切れません。

 

印鑑はある程度のお金をかけて、品質の良い、偽造されにくいものを作る事を前提として、激安で良いものがあれば幸いだというくらいの気持ちでいた方が良いという意見がありますが、私もその意見に賛成です。

訳ありな場合の多い、印鑑激安の事情

印鑑激安をうたったところは、訳ありな場合もあります。

 

たとえば、開運印鑑の条件として長さが6.0mmのもの、という項目がありますが、それに1mmでも満たない場合は、開運印鑑としては使用出来なくなります。

 

しかしながら、開運印鑑にこだわらず、印鑑として使えればそれで良い、と考える人ならば、それで安く印鑑を作っていただいた方がありがたいわけです。

 

それ以外にも、ローズクオーツという水晶の一種を印鑑の素材にした場合には、どうしてもクラックと呼ばれる割れ目が入っているものなのですが、材質にこだわる印鑑職人さんの場合は、その割れ目を嫌って印鑑の素材としては使わないのです。

 

そういう、素材に傷や小さな穴があるものなどは、開運印鑑の素材としては不適当なので、リジェクトされるのです。

 

職人さんがリジェクトした素材で作るというのも、印鑑激安の秘密だと言います。

 

それと似た理由として、ある印鑑激安のお店の場合では、現在はお亡くなりになった職人さんが象牙で掘った印鑑を激安にして販売しているとの事です。

 

その理由は、天然の象牙は月日が経つと変色するためです。

 

象牙の変色は天然のものである証拠とも言えるのですが、同じ買うなら新品のものが良いという人が多いので、そういうものを激安で販売しているとの事です。

激安印鑑か、開運印鑑か

印鑑激安のところでは、掘り間違えた印鑑をもう一度掘り直しをするという形をとっているところもあります。

 

掘り間違えたものを再度掘り直すのですから、普通に印鑑を使用する分には問題はありません。

 

また、掘り間違えた印鑑を再利用するのは、材料を大切にする意味でも、エコの観点から見ても良いとされていますが、印鑑で開運するという観点で見ると、印鑑の掘り直しは良くないとされていますので、印鑑で開運するよりも、材料を大事にしたい・安く印鑑を購入したいという人にはおすすめです。

 

こうして見てみると、激安印鑑は、開運印鑑とは言い難いものが多いという事がわかります。

 

印鑑で開運したい人は、印鑑激安をうたっているところの商品は、どうして印鑑を安くしているのかを、しっかりと吟味した方が良いという事になります。

 

そして、それが開運印鑑の条件に合わない場合は、それを避ける事も選択肢に入れる事をおすすめします。